飲食店を経営することのメリットとデメリット

今、飲食店を開業することを検討していますか?そのような場合はまず、飲食店の経営についてよく理解しておかなければなりません。以下の記事では、飲食店を経営するメリットとデメリットを確認していきます。

メリット:飲食店のニーズが高い

人間なら誰もが食べ物を消費します。大多数の人は毎日3度食事を取ります。専門家によると、2022年現在、自宅での食事よりも外食を利用する人の方が増えているそうです。これは消費者が常に存在するという意味では、飲食店を運営するうえで大きなメリットとなります。

デメリット:競合店に追いつくのが難しい

競合相手となるのは他の飲食店だけではありません。最近では、地元のスーパーマーケットや食料品店などの小売業者もまた、テイクアウトやデリバリーといった便利なサービスを提供しています。これは飲食店経営におけるデメリットといえます。

一方、Uber Eatsといった第三者によるフードデリバリーサービスは、飲食店を運営するメリットとデメリットのどちらの側にも該当する可能性があります。というのも、自身の飲食店でもデリバリーサービスをスタートすれば、より多くの顧客を獲得し、売上を強化することができるかもしれないからです。

ただし、こうしたアプリのほとんどは、あまりにも高額な手数料を請求します。とはいえ一般的に、デリバリーサービスを開始することは素晴らしいアイデアです。

デメリット:日々苦戦するのが現実

皿洗い担当のスタッフがその日現れない場合はどうなるでしょうか?もちろん営業に悪影響が出ます。あるいは、接客担当のホールスタッフが寝坊したら、オーナーである自分が注文を取らないといけませんし、バーテンダーが病欠したら、代わりに飲み物を注がなければなりません。飲食店を経営するということは、わりと早い段階で自分の手を汚すことを覚悟してください。どうしても嫌なら、マネージャーに大金を払ってやってもらうしかありません。飲食店経営のデメリットを検討する場合、最初の1年間はワークライフバランスをとることが現実的に難しいことを覚えておきましょう。

メリット:退屈な日がない

9時から5時までのデスクワークが苦手なら、飲食業は向いているかもしれません。飲食店を運営していると、新しい顧客、日替わりメニュー、シフトチェンジなど、毎日が新しいチャレンジの連続です。自分の気持ち次第では、飲食店経営のメリットもデメリットも、柔軟に対応できるでしょう。

デメリット:1年目は採算が合わない

どんなに準備万端で開業したとしても、オープンしてすぐには軌道に乗りませんし、成功しないことがほとんどです。そのため、飲食店経営のメリットとデメリットを考慮しながら、できるだけ早く融資を受け、今からでも貯金を着実に行うことが肝心です。

メリット:恩返しがしやすい

飲食店経営のメリットとデメリットを考えたとき、紛れもないメリットは、地域社会に還元できることでしょう。マイナーリーグの野球クラブを応援したり、地元の保護施設に食料を提供したり、頻繁にボランティア活動を行う飲食店経営者もいます。

また、そのような寛大な行動をとることによって、ちょっとした好意以上のものを得ることができるかもしれません。

メリット:テクノロジーの導入で業務がラクになる

飲食店経営のデメリットを考えると、仕事量の多さがマイナスポイントであることは明らかです。しかし、正しいテクノロジーを導入することで、時間とお金の両方を節約できるかもしれません。例えば、モバイルPOSシステムの選択や在庫管理アプリケーションの導入など、飲食業においてもデジタル化を進めることができます。